大切にしていること

「答えがひとつではない」からこそ伸びる人間性

  • 自分自身が「楽しい!」と思えるレッスンをすること。
  • 子供たちにとって「何が本当に役立つか」を考えること。
  • 子供たちの意見をリスペクトすることで自尊心が育つこと。

これらのレッスンポリシーにおいて、私たちが基本コンセプトとしているのは、「答えがひとつではないことが、いかに素敵なことであるか」をという点です。

それは、以下の可能性を信じているからです。

  • 「答えがひとつでない」活動をすることで、子供達は思い思いに自己表現ができる。
  • 「答えがひとつでない」から異なる価値観に触れることができる。
  • 「異なる価値観」から想像力、創造力を鍛えることができる。
  • 「想像力、創造力を鍛える」と他人を思いやることができる。
  • 「他人を思いやる」と自分が幸せを感じる。

無理をするのはチョットでいい

正しい英語力と、豊かな表現力の育みは、継続性と反復性はもちろん大切です。

私たちは、以下の想いを大切にして、子供達と向き合っています。

  • すぐにではなく、何年もかけてできるようにする
  • 楽しいって感じるとき、ちょっと無理して頑張ってることが多い
  • ちょっと無理して頑張ったら、大きな達成感が得られる
  • ちょっとだけ無理して頑張れるチカラをつけて欲しい

つまり、ちょっとだけ無理して、楽しく、時間をかけて、「自ら進んでコツコツ学習する態度」を育てたいと考えています。

 

そして、この教室に通ってくれた子供達には、将来それぞれの強みを活かして「誰かの役に立つ」幸せをいっぱい感じて欲しい、と願っています。