· 

令和「美しい未来を創ろう」


おはようございます!
「令和」元年、スタートしましたね!

 

「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、

文化が生まれ育つという意味が込められている」

と安倍首相が談話を発表していました。

 

戦後、焼け跡の灰と貧困の中で「豊かさ」を求めて

日本は成長してきました。

企業や組織に属して、一生懸命働く時代は

もう過去になりました。

豊かさと平和を手に入れた今、私たち日本人は

何を目指していけばいいのでしょうか。

 

新しい元号の「令和」は、日本の『万葉集』の

「初春の令月にして 気淑く風和ぎ

 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」

という一節から取られたものだそうですね。

 

心を寄せ合うにはなにをすればいいのか。

文化が育つにはどんな環境が必要なのか。

その先に何が見えるのか。

 

子どもたちと一緒に考えていきたいです。

子どもたちの意見はすべて価値があります。

大人が忘れてしまった素直な目と心で思い描く、美しい未来。

 

思い描いたその世界を言語化して、世界に伝えていきましょう!